採用情報採用情報

先輩社員からのメッセージ

「勝つ」ために最後のひと押しができる営業でありたい

本社営業部 湯浅さん(5年目)

本社営業部 
湯浅さん(5年目)


当社の営業にはマニュアルもノルマもありません。だからこそ、自分なりの営業スタイルを確立することが大切だと思っています。

私の場合は「一生懸命さで可愛がられる」営業で結果を出してきました。

お客様は福祉施設の施設長様や事務長様、病院の院長先生など年齢も見識も私より数段上ですから、知識の面では到底かないません。

それよりも一生懸命さで選ばれるようになろうと考えたのです。

本社営業部 湯浅さん(5年目)

新人当時は「お客様についてもっと知りたいので教えてください」という姿勢で何度も何度もお客様先を訪問して顔を覚えてもらうように心がけていました。

ベネミールの良さは残業がほぼゼロで土日もしっかり休めること。

平日は毎日、定時で帰社できるので自宅でゆっくり疲れをとり、休日は遠出をしてリフレッシュ。

仕事と自分の時間をしっかり分けられるのは魅力ですね。

本社営業部 湯浅さん(5年目)

「営業」は会社の売上を支える大きな仕事だと実感しています

本社営業部 小谷さん(2年目)

本社営業部 
小谷さん(2年目)


入社してから本社の営業部に配属になり、東京都23区を中心に営業を回っています。

23区は狭い地域に多くの病院や福祉施設が存在するため、営業を回る際には事前に準備して地区ごとにどれだけの病院や施設があるのかを把握します。

基本、自動車での営業ですが、地域によっては徒歩やレンタルした自転車でも営業を行い、自分なりに営業スタイルを工夫しています。

そして、要望などをいただいたお客様に対しては、上司と一緒に訪問し、商談を行います。

本社営業部 小谷さん(2年目)

上司がしっかりとフォローしてくださるので、分からないことがあればなんでも教えていただける体制が整っています。

入社当初は右も左も分かりませんでしたが、上司のアドバイスをいただきながら少しずつ経験を積んで自分なりの営業スタイルを見つけ、昨年は大きな契約に結びつけることができました。

2年目を迎え、任されることが多くなり、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。

本社営業部 小谷さん(2年目)

転勤でも安心のバックアップ体制で仕事に集中して取り組めます

関西営業所 菅原さん(2年目)

関西営業所 
菅原さん(2年目)


私が配属された関西営業所は、本社に次いで規模の大きい営業所です。

営業マンは上司・先輩が5人おります。

1年目は運転も、関西の道にも慣れず大変でしたが、先輩の指導もあって事故に遭わずに営業を回っています。

関西営業所 菅原さん(2年目)

担当は兵庫県エリアで、基本的に一人で営業をしていますが、ここぞという時には上司と一緒に商談をし、当社の食事サービスの高評価をいただくことができました。

ベネミールでは、すぐに相談できる上司・先輩がいて心強く思っています。

住み慣れた地元を離れ、初めは大阪で一人暮らしが不安でしたが、年の近い営業所の栄養士さんたちと女子会などをして楽しんでいます。

オフの日は近い京都や神戸に行って観光などに行くことも多いです。

関西営業所 菅原さん(2年目)

現場ごとに栄養士が献立を考えるのは当社の魅力だと思います

本社本部管理栄養士 島さん(8年目)

本社本部管理栄養士 
島さん(8年目)


学生時代に病院実習は体験していたのですが、もっとさまざまな現場で経験を積みたいと考えていたため、福祉施設の給食サービスも行っているベネミールであれば自分のスキルもつくのではないかと考えて入社しました。

病院で献立作成・調理などを2 年半ほど担当して本社へ異動。

本社本部管理栄養士 島さん(8年目)

ほかの現場を知るために北海道、関西の事業所を周って経験を積み、現在の業務に至ります。

現在の業務は献立作成のほか、全国の事業所を巡回して栄養士からの相談にアドバイスをしたり、現場の状況を把握して問題点があれば本社へ報告。改善に向けて社内で検討をします。

また、病院従事者研修や新入社員研修などの社員育成や衛生管理の呼びかけも行っています。

本社本部管理栄養士 島さん(8年目)

アットホームな社風で上司とも近い距離間で仕事ができます

栄養士インストラクター 今さん(6年目)

栄養士インストラクター 
今さん(6年目)


上司(スーパーバイザー・エリアマネージャー・インストラクター)の方は困ったことがあるとすぐフォローをしてくれる優しい人柄の社員ばかりでした。

そして、今は私が栄養士インストラクターとして、事業所を巡回し栄養士のフォローをしています。

栄養士からの献立や発注に対する疑問にアドバイスをしたり、パートさんの悩みを聞くなどしてみなさんが働きやすい環境づくりを整えています。

栄養士インストラクター 今さん(6年目)

もともと、人とふれあうことが好きでしたので、ひとつの事業所にいるよりも、たくさんの人たちの話を聞ける今のポジションはすごく自分に合うと感じていますね。

後輩に少しでも安心して働けるように丁寧なアドバイスを心がけています。

現場は365日動いており大変ですが、オフはきっちり取り学生時代の友人と遊びに行ったり、母校に帰って情報共有することもあります。

栄養士インストラクター 今さん(6年目)

ベネミールの「栄養士を育てたい」という社風を実感しました

特養事業所管理栄養士 石川さん(2年目)

特養事業所管理栄養士 
石川さん(2年目)


ベネミールの社風に惹かれて入職を決めました。

企業説明会のときに「栄養士を育てていきたい」という熱い想いを語っていただき、この会社ならば社員を大切にしてくれ、管理栄養士として成長ができると思ったのです。

入社後は埼玉県の特別養護老人ホームに配属され、主に献立作成と食材の発注を中心に担当。

そのほかにも、調理スタッフのパートの方たちのマネジメントも行っています。

特養事業所管理栄養士 石川さん(2年目)

現場がいかに効率よく回るかを考えて、スタッフさんを配置するのも重要な仕事のひとつのため、コミュニケーション能力も必要となりますね。

親世代やおばあちゃん世代の方と一緒に働くので、子供や孫のように思われることも。

本社の本部管理栄養士さんや栄養士インストラクター・上司の調理師も巡回してくれて、献立作成や調理も教えていただいています。

将来は私も後輩を育てられる管理栄養士になりたいですね。

特養事業所管理栄養士 石川さん(2年目)